今まで、クレジットカードに対して、ある種の抵抗感を抱いていたので、一度も作ったことがありませんでした(完全なる現金派です)。ある種の抵抗感とは、ずばり使い込みです。ほら、クレジットカードを持っている人の中には、お金を使いこんで、散財する人が少なからずいるでしょ。実際私の周りにも、そういう経験をした人が何人かいますし、テレビなんかを見ていると、単なる使い込みでは済まされないような、大変な事態に発展しているケースもあります。

きっと、クレジットカードを持つと、気持ちが大きくなってしまうんでしょうね。ほら、クレジットカードって買い物をする際に、(当たり前ですが)現金を使わないでしょ。これが、気持ちを大きくさせる要因だと思うんですよね。全てデジタルというか、目に見えない部分で決済されるもんだから、自分がどれだけ使ったのかがイマイチ把握できません。つまり、「使い過ぎ」の境界線が曖昧になってしまうんですよね。一方で現金による支払だと、今自分がどれだけ支払ったかをしっかりと認識できるので、計画的に使うことができます。だから私は現金派なのです。

が、実は、今現在クレジットカードを日常的に使っている自分がいます。というのも、いつも利用しているスーパーで、クレジットカードを使って買い物をするとポイントが付与されてお得になるからです。心配していた「使い込み」も、必要な分だけを入れるようにしておくと、まったく問題ありません。こんなにお得で便利なクレジットカードを今まで使わなかったなんて・・。

クレジットカードの常用も悪くは無い!

私は、基本的には現金払いがモットーで、クレジットカードで支払うのが怖いなって思ってた所があったんです。
お金は、財布にある分で買う!というのが安心で、口座に貯金はしていても、その中から月末に一気に大きな額が減ってしまう恐怖、というか、ついつい欲しい物を我慢せずに、その時に買ってしまうようになってしまうのでは…という思いから、二つは何かの時の為にキャッシングの機能は付けず、クレジットカードのみというのを作り、持っていても、それほど通常使いではなかったんです。

ですが、たまに値段が張る物を買う時に使っていたクレジットに、いつの間にかポイントが結構貯まっていて、私はTUTAYAでカードを作っていたので、そこに万手前なポイントが貯まっていたおかげで、レンタル料金もそこからポイント払いが出来、大好きなコミック類も、現金を使わずにポイントで大人買いしてしまったのですが、ちょっと…いや、結構な幸福度を感じてしまったんです!

それだけポイントが貯まる位に、私が今まで色々と買い物をしてしまっている上での、という事は分かっているのですが、ポイントのみで買えてしまうのって、その時にお財布から良い意味で予定外にお金が減らないという事で、得した気分を感じてしまいます。

アウトドアな趣味も無くはないのですが、ハッキリ言ってインドア派だと自覚しているので、私にとってTUTAYAでのポイントが貯まっている事は重要で、嬉しいので、現金のみで買う!って考えは今じゃ改めています。
使い過ぎは良くないし、避けようと思う所ですが、その為に簡易な出納長を付ける癖を意識し、コンビニやスーパー以外では、割とクレジット払いを進んでするようになっています。

なので、無駄遣いはしない!をモットーとするなら、クレジットカードの常用も悪くは無い!って本当思います。