買い物をする時に、現金しか使わない現金主義の人がいます。
現金を使うとお金の管理が簡単のように見えますが、実は意外と現金で買い物をするとお金の管理が大変です。
まず現金を用意するためには銀行でお金をおろす必要があります。
平日の昼間にお金をおろすことができる人はいいですが、平日の夕方6時以降、祝祭日はATMで手数料を取られる事もあります。
また利用している銀行が近くにない場合は、コンビニで手数料を払いお金をおろす必要があります。
コンビニが遠い場合は、コンビニまでお金をおろしに行く手間もかかります。
さらに確定申告をする必要がある人は、家計簿をつけたり、レシートを残しておくなどして、どこで何を購入したか記録をする必要があります。
毎日の記録は忙しい人にとって手間になり、管理のためのコストがかかります。
クレジットカードで支払いをすれば、銀行でお金をおろす必要もありません。
また一括払いなら手数料を取られることも、利子を取られることもありません。
逆に買い物によりポイントがつくクレジットカードがほとんどです。
クレジットカードで買い物をする度に、1%から2%のポイントを貯めることができるため、現金払いよりも得な場合がほとんどです。
またカード会社のサイトのマイページを確認すれば、いつ、どこで何をいくら使ったかをすぐに把握することができます。
お金の出入りの管理が必要ないので便利です。
このようにお金の管理が必要な人ほど、クレジットカードを利用するメリットは大きいと言えそうです。

クレジットカードを持って散策に

旅先などでふらりと散策をする時は、あまりたくさんの荷物を持って出かけたくないものです。
男性は大きな長財布を持っていることが多いですが、旅先で持ち運ぶためには不便です。
そこで小銭を少々とクレジットカードだけを持って、街に出掛けてみましょう。
小銭があれば途中で喉が渇いた時に、自販機で飲み物を購入できるため便利です。
また興味がある飲食店やデパートなどを訪れて、ショッピングをしたり食事を楽しみたい時はクレジットカードで支払いをすると良いでしょう。
クレジットカードだけ持って歩けば、とても軽いので快適な散策ができるでしょう。
ほとんどのデパートやスーパーで、クレジットカードを利用することができます。
限度額近くになっている人以外は、気軽にショッピングや食事を楽しむことができます。
ただし老舗のお蕎麦屋さん、またはB級グルメ店などはクレジットカードが使えないケースがあります。
このような時も、飲食をあきらめる必要はありません。
クレジットカードには「キャッシング」という機能があり、現金をATMで引き出すことができます。
以外と知られていないのですが、クレジットカードのキャッシングはコンビ二のATMでも可能です。
「利子が掛かる」と思われるかもしれませんが、「一括払い」を選べば利子は掛かりません。
それどころか、ポイントがついたり、マイルが貯まるため、現金払いより得なケースがほとんどです。
コンビニならどのエリアに散策に出かけても容易にみつけることができます。
次の散策はクレジットカードのみを携帯して、楽しんでみましょう。