クレジットカードを敬遠していた時もありましたが、ポイントが貯まるとお得だという事に気が付いて自分でクレジットカードの支払い分を管理できると思ってからは、日常の買い物、夫の飲み会などほとんどのカード払いできる出費でクレジットカード払いをしています。

一年間で貯まるポイントは、結構な額になって、我が家は、家族旅行が好きなので、飛行機のマイルに替えたり、スーパーで使えるポイントに替えたりとお得に生活できています。

ただ、気を付けている事があります。独身時代、会社員で自分のクレジットカードを使っていて洋服やエステにクレジットカードを使いまくっていましたが、初めの頃こそ、いくら使ったかレシートを取っておいて計算したりしていましたが、そのうち、面倒になって把握せずにいたら、いざ実際にカードの引き落としの付きに大変な金額になっていたことが良くありました。

それで、その月は、赤字になってしまい、次のお給料で赤字補てんをするのですが、足りなくなった生活費や遊ぶお金、洋服代は、カードで支払うので赤字の繰り返しという事になってしまいました。

独身で実家暮らしだったので、何とかなりましたが、クレジットカードを持っていると打ち出の小づちのような、いくらでもお金が使える錯覚に陥る事もあるので注意しないといけません。

現在は、そういう事が無いように、カードを使うのは、ポイントのためと割り切って、使ったらその分の現金をクレジットカード用の封筒にその日のうちに入れて、引き落とし日の前に、その封筒のお金をクレジットカード代金の引き落とし口座に入金するようにしています。

その様にしてからは、家計が赤字になることもなく、またクレジットカードの明細が家計簿代わりにもなって助かっています。

クレジットカードは使いすぎる傾向が

クレジットカードは、使いすぎる傾向があります。現金だと、実感があるのですが、クレジットカードだと実感がありません。実感が湧く時は、請求書が送られてきた時です。生活にゆとりがある人は、何も問題ないのでしょうが、日々の生活がやっとである人々にとっては、使いすぎてしまったと後悔するケースも多いのではないでしょうか。クレジットカードは、ポイントが与えられるのが普通です。そのポイントは、加盟店が支払っているのです。

つまり、クレジットカード会社と利用者は、加盟店から恩恵を受けているのです。クレジットカードを使われるよりも現金支払いのほうが、お店としては得です。どうして、クレジットカードが使えるようにするかといえば、そのような恩恵があるからです。逆に、数十円、数百円単位で商売している駄菓子屋では、クレジットカード導入はありません。また、利用者も数百円の利用では、煩わしいため、クレジットカードを利用するケースはないでしょう。クレジットカードは、インターネットショッピングでは、物凄く便利です。銀行振込だと、手数料も掛りますし、煩わしいです。インターネットショッピングをしていると、クレジットカードの上限まで使っちゃったというケースもあるのではないでしょうか。欲しいと思ったら、すぐに買えてしまいますからね。また、リボ払いに変更できたりもします。クレジットカードは、そのような面からも使いすぎる傾向になりやすいです。