充電不良の原因は故障かも|大切なiphone6を守ろう|割れないケースで安心
ウーマン

大切なiphone6を守ろう|割れないケースで安心

充電不良の原因は故障かも

スマホを持つ女性

修理は機種で費用が異なる

iphoneが充電できないという問題は一般的によくみられる問題で、原因はドックコネクタと呼ばれる充電を行う部分の故障や充電を行うために用いるプラグの損傷といわれています。プラグの損傷が充電できない原因の場合は、新しいプラグを購入することで解決できます。ドックコネクタの故障が原因となっている場合は、iphoneを修理に出すことで解決できます。iphone本体や充電プラグに問題がないのに充電できない場合は、iphoneを再起動すると改善することがあります。パソコンに繋いで充電したいのに充電できない状況の時は、iphoneだけでなくパソコンも再起動してみると良いです。修理にかかる費用は、機種や店舗によって異なります。iphone6以上の機種は1万円代が相場で、iphone6以前の機種は1万円以下の相場となっています。費用に関しては新しい機種の方が高くなります。修理時間はおおよそ1時間ですが、店舗によって1時間より早くなったり遅くなったりすることがあります。

自分に合う依頼法が選べる

修理の依頼は店舗に直接持っていく方法と、インターネットを用いた依頼システムを活用する方法があります。直接店舗に持っていく方法では、その日の内に修理が完了することが多いです。そのため、直ぐに直してもらいたいという方に人気がある方法です。ネットで依頼システムでは24時間いつでも受け付けを行っている上に、集配業者がiphoneを引き取りに来てくれるので家から一歩も出ることなく修理を依頼できます。引き取り時間や日付は依頼者が指定できるので、自分の時間に合わせることが可能です。この方法は、さまざまな理由で外出困難な方や自分で行く時間がない方などに人気の方法です。充電できない時は焦るかもしれませんが、冷静に対処することで充電が0になる前に改善できると思います。まずは自分で行える対処法を実践し、それでも改善しない場合はアップルサポートに頼ることをおすすめします。また、最近では、アップル以外の修理店でもiphoneの修理を行なっています。正規の部品を扱っていない場合もありますが、安く修理をしてくれるので注目されています。